ホームページ利用規約

第1章 総則

第1条[目的]

本規約は、「エアソウル株式会社(以下、\「エアソウル\」)という」の運営するエアソウル・ウェブサイト(flyairseoul.comおよびモバイルアプリなど)·にて提供されるインターネット関連サービスを利用するにあたってのエアソウルとユーザー間の権利・義務およびその他責任事項などを定めることを目的としています。

第2条[用語の定義]

  1. 1. 「エアソウル・ウェブサイト\」とは、エアソウルが商品またはサービスをユーザーに提供するために、コンピューターなどの情報通信機器を利用して商品などの取引ができるように設けたバーチャル営業場をいいます。
  2. 2. 「ユーザー」とは、エアソウル・ウェブサイトにアクセスし、本規約によりエアソウルが提供するサービスを受ける会員または非会員をいいます。
  3. 3. 「会員」とは、エアソウル・ウェブサイトに個人情報を提供し、IDおよびパスワードを登録した者で、エアソウルのウェブサイトが持続的に提供する情報およびサービスを継続利用できる者をいいます。
  4. 4. 「非会員」とは、会員登録をせず、エアソウルの提供する情報およびサービスを利用する者をいいます。

第3条[規約の掲載および改定]

  1. 1. エアソウルは本規約の内容や商号、連絡先(Eメールアドレス、電話番号、Fax番号など)、通信販売業届出番号などをエアソウル・ウェブサイトのホーム画面(前面)に掲載します。なお、規約の内容はユーザーがリンク画面を通じて閲覧できるようにする場合もあります。
  2. 2. エアソウルは「電子商取引などにおける消費者保護に関する法律」、「規約の規制に関する法律」、「電子取引基本法」、「電子署名法」、「情報通信網利用の促進および情報保護などに関する法律」、「消費者基本法」など、関連法令に違反しない範囲において、本規約を改定する場合がございます。
  3. 3. 改定の際には改定事由および適用日などを明示して現行の規約とともにホーム画面にお知らせいたします。お知らせの期間は適用日の7日前から適用日の前日までとします。
  4. 4. 改定された規約は、韓国内の関連法令に反しない限り、改定前に入会した会員に対しても前項のようにお知らせの上で適用されます。但し、会員が改定された規約に対して、適用日以前までにエアソウルに明確な拒否の意思を表示した場合、該当会員に限って改定前の規約が適用されます。
  5. 5. 本規約に定められていない事項と本規約の解釈に関しては、「規約の規制に関する法律」、「電子商取引などにおける消費者保護に関する法律」、「消費者基本法」など、関連法令と韓国の一般的な商慣習に従います。

第2章 サービスの利用

第4条[サービスの提供]

  1. 1. エアソウルはウェブサイトを通じて以下のサービスを提供いたします。
    1. 1) 航空券の予約購入および関連情報、サービス
    2. 2) エアポートホテル、ホテル、レンタカーなど、旅行商品に関する情報、サービス
    3. 3) その他エアソウルが定める業務
  2. 2. エアソウルは必要に応じて前項のサービスの内容を任意に追加、調整するなど変更して適用する場合がございます。

第5条[サービスの利用および制限]

  1. 1. エアソウルはコンピューターなどの情報通信設備のメンテナンス、交換および故障、システムのエラー、通信切断などの事由が発生した場合、サービスの提供を一時中止する場合がございます。
  2. 2. 第1項によるサービス提供に関して、エアソウルは第10条に定められた方法でユーザーにその内容をお知らせし、ユーザーおよび第三者が被った損害については、賠償いたしません。
    但し、エアソウルに故意または重過失がある場合は、その限りではありません。
  3. 3. エアソウルが提供するインターネットサービスの一部は、flyairseoul.comにて入会した会員に限ってご利用いただけます。
  4. 4. エアソウルは、ユーザーが次の各号のいずれか一つに該当する行為をした場合、事前に通知せずサービスの利用を遮断または中止する場合がございます。
    1. 1)公の秩序または善良の風俗に反する行為
    2. 2)犯罪と関わっていると推定される一切の行為
    3. 3)公共の利益を阻害する目的でサービスの利用を計画または実行する行為
    4. 4)他人のIDおよびパスワードを無断で使用する行為
    5. 5)他人の名誉を毀損したり、他人を侮辱した場合、その他、他人を害する目的の行為
    6. 6)サービスの提供を妨害するなど、サービスの健全な利用を妨げる行為
    7. 7).その他、関連法令やエアソウルの規約に定められた利用規則に反する行為
  5. 5. 前第4項によりサービスの利用が中止となった場合、エアソウルはユーザーまたは第三者が被った損害を賠償いたしません。

第6条[会員の入会]

  1. 1. ユーザーは必ず実名で会員登録しなければなりません。所定の入会フォームに会員情報を記入し、規約への同意の意思を表す方法で入会を申し込みます。
  2. 2. ユーザーが画面の「同意」ボタンをクリックすることは、本規約の内容に合法的に同意したものとみなされます。但し、14歳未満の未成年者の場合、法定代理人の同意のもと、本規約に同意して入会を申し込むことができます。
  3. 3. 次の各号のいずれか一つに該当する者は会員として登録できません。
    1. 1) 登録内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
    2. 2) 申込者が本規約の第8条第2項により、会員の資格を失った日から3年が経過していない場合
    3. 3) その他、技術的に会員として登録することが非常に困難だと判断される場合
  4. 4. 会員登録契約の成立時期は、エアソウルの承諾が会員に届いた時点とします。
  5. 5. 会員は第14条第1項に挙げられた登録事項に変更がある場合、ウェブサイトの<会員情報変更>から直接変更事項を修正・登録することで、最新の情報を維持しなければなりません。実際の情報を入力しなかったり、修正しないことによって発生する不利益は会員の自己責任となります。

第7条[会員IDおよびパスワード]

  1. 1. エアソウル・ウェブサイトのサービスをご利用されたい会員は、エアソウルの規定に従って会員IDおよびパスワードを登録しなければなりません。
  2. 2. 会員IDとパスワードに関する管理責任は会員本人にございますので、会員は自身のIDおよびパスワードを第三者に教えたり、譲渡したりしてはなりません。
  3. 3. 会員が自身のIDまたはパスワードを盗まれたり、第三者が無断で利用していることを認識した場合は、直ちにエアソウルに通知し、エアソウルの案内がある場合はそれに従わなければなりません。

第8条[会員退会と資格喪失]

  1. 1. 会員はいつでも退会を申し込むことができ、この場合、エアソウルは直ちに退会処理を行います。
  2. 2. 次の各号に該当する場合、エアソウルは会員のサービス利用を制限するか、資格を喪失させる場合がございます。
    1. 1) 会員の死亡
    2. 2) 他人のサービス利用を妨害したり、他人の個人情報を無断で利用するなど、
    3. 3) 電子取引の秩序を侵害したり脅かす場合·
    4. 4) エアソウル・ウェブサイトで購入した航空券などの代金支払債務およびその他エアソウル・ウェブサイトが提供するサービスに対する債務不履行の場合
    5. 5) エアソウル・ウェブサイトを通じて本規約が禁じる行為をしたり、法令、その他公序良俗に反する行為をした場合
    6. 6) エアソウル・ウェブサイトを通じて本規約が禁じる行為をしたり、法令、その他公序良俗に反する行為をした場合
  3. 3. 会員登録後、1年間エアソウル・ウェブサイトに·エアソウルがサービスの利用を制限・停止する場合は、予めその事由、日時、期間をEメール、電話、書面などでユーザーにお知らせいたします。但し、
  4. 4. 緊急を要する場合は措置を行った後、お知らせする場合がございます。·エアソウルがサービスの利用を制限・停止させた後、その制裁の事由となった行為が繰り返されたり、30日以内にその事由が是正されない場合、エアソウルが会員の資格を喪失させる場合がございます。
  5. 5. エアソウルは前項の事由により、会員が資格を喪失し会員登録を抹消する場合、会員にその事実を事前にお知らせいたします。但し、上記の2条6項により、ユーザーの会員資格を喪失させる場合は、喪失前1ヶ月の間に1度、会員資格の喪失についての警告文を第10条に基づきお知らせいたします。
  6. 6. エアソウルは、サービス利用の制限、停止、会員資格の喪失による損害に対して責任を負いません。

第9条[会員への通知]

  1. 1. エアソウルが会員にお知らせを行う場合は、会員が提出したEメールアドレス、ショートメッセージ(カカオトークまたはSMS)などを利用する場合がございます。
  2. 2. エアソウルは、不特定多数の会員にお知らせする場合、エアソウル・ウェブサイトに7日以上公示することで個別お知らせに代える場合がございます。
  3. 3. 第2項の事由でお知らせする場合、やむを得ない都合により事前公示の期間短縮や省略がある場合がございます。

第10条[情報の提供]

エアソウルは会員にサービスの利用および各種イベント(商業的広告)、旅行情報など様々なサービスをEメール、書面、ショートメッセージ(カカオトークまたはSMS)の送信などの方法で提供する場合がございます。但し、提供を望まない会員は、エアソウルの提供情報の受信を拒否することができます。

第11条[航空券などに対する購入申込み]

  1. 1. ユーザーはエアソウルが定めた手続きにより、航空券などの購入申込みを行うことができます。
    1. 1) 氏名、性別、連絡先などの入力
    2. 2) プライバシーポリシー、法的告知、規約などへの同意(例:マウスクリック)
    3. 3) お支払い方法の選択

第12条[購入契約の成立]

  1. 1. エアソウルは第11条に定められた方法による購入申込みについて、次の各号に該当する場合、承諾しない場合がございます。
    1. 1) 申込内容に虚偽、記載漏れ、誤記がある場合
    2. 2) 営業上または技術上、購入申込みに対する承諾が非常に困難だと判断される場合
  2. 2. エアソウルの承諾が受信確認通知の形で利用者に届いた場合、契約成立と見なします。
  3. 3. 前項の受信確認通知を受けたユーザーは、申し込んだ内容に対して購入申込みのキャンセルまたは変更を要請することができ、エアソウルはその内容に応じて処理いたします。

第13条[お支払い方法]

  • エアソウル・ウェブサイトで購入した商品・サービスに対する代金支払方法は次の各号のうち1つをお選びいただけます。
    1. 1) クレジットカードによる決済
    2. 2) リアルタイム振込
    3. 3) かんたん決済
    4. 4) その他エアソウルが定めた支払方法

第3章 情報の保護

第14条[個人情報の保護]

  1. 1. エアソウルはユーザーから情報を収集する場合、サービスの提供および契約履行に必要な最小限の情報のみ収集いたします。
  2. 2. 個人情報保護に関する詳細は、エアソウル・ウェブサイト上のプライバシーポリシーに定められた内容に従います。

第4章 責任と義務

第15条[エアソウルの義務]

  1. 1. エアソウルは法令と本規約が禁じたり、公序良俗に反する行為をいたしません。·また、本規約に定められた内容によって持続的かつ安定的なサービスの提供および商品・サービスの供給に努めます。
  2. 2. エアソウルはユーザーが安全にサービスを利用できるように、個人情報(信用情報を含む)に関するセキュリティを徹底し、このための技術的な安全措置を講じ、管理に万全を期します。
  3. 3. エアソウルはエアソウル・ウェブサイトの公正かつ健全な運営を通じて電子商取引秩序を維持し、·持続的な研究・開発を通じて良質のサービスを提供するよう努めます。
  4. 4. エアソウルはウェブサイトを通じて提供される商品やサービスについて、[表示広告の公正化に関する法律]第3条の所定の不当な表示・広告行為を行うことでユーザーが損害を被った場合、·それを賠償する責任があります。
  5. 5. エアソウル・ウェブサイトに入店した提携社の商品またはサービスの販売は、該当提携会社の責任のもと、直接行われるもので、エアソウルは同サイトを通じた仲介の役割のみを果たします。

第16条[ユーザーの義務]

  1. 1. ユーザーは本規約および関係法令を順守し、次の行為を行ってはなりません。
    1. 1) 申込時または変更時の虚偽の内容記載
    2. 2) エアソウル・ウェブサイトに掲載された情報の任意変更
    3. 3) エアソウルが許容していない情報やコンピュータープログラムなどを無断で送信または掲載する行為
    4. 4) エアソウル、その他第三者の著作権など知的財産権の侵害
    5. 5) エアソウル、その他第三者の名誉、プライバシーを侵害したり、業務を妨害する行為
    6. 6) わいせつまたは暴力的なメッセージ・画像・音声・·その他公序良俗に反する情報を送信、·公開または掲載する行為
  2. 2. 前項各号の情報やその他運営上、不適切だと判断した情報がエアソウル・ウェブサイトに掲載されたり、リンクされた場合、エアソウルはユーザーやその他情報掲載者の同意なしに当該情報を削除したり、リンクを遮断することができます。

第17条[エアソウル・ウェブサイトと他ウェブサイト間の関係など]

  1. 1. エアソウル・ウェブサイトとリンクサイトがハイパーリンク(例:ハイパーリンクの対象は文字、画像および動画など)方式でつながっている場合、エアソウルは被リンクウェブサイトが独自で提供している商品やサービスなどに対する保証責任を負いません。
  2. 2. エアソウルはユーザーがエアソウル・ウェブサイトの掲示板などに掲載した情報や資料などの信頼性を担保いたしません。また、それにより損害が発生しても責任を負いません。

第5章 その他

第18条[著作権の帰属]

  1. 1. エアソウルが作成した著作物の著作権、その他知的財産権はエアソウルに帰属します。
  2. 2. ユーザーはエアソウル・ウェブサイトを通じて得た情報のうち、エアソウルに知的財産権が帰属している情報についてはエアソウルの事前同意なしに複製、送信、出版、配布、放送またはその他の方法で営利目的に利用したり第三者の利用に提供できません。

第19条[紛争の解決]

  1. 1. エアソウルはユーザーが申し出る正当な意見や不満を反映し、被害に対する補償の処理のために被害補償処理機構を設置、運営します。
  2. 2. エアソウルはユーザによる不満および意見の申し立てを迅速かつ適切に処理いたします。·但し、迅速な処理が困難な場合は、ユーザーにその事由と処理スケジュールを遅滞なくお知らせいたします。
  3. 3. エアソウルとユーザーの間で電子取引に関する紛争が発生したときは、電子取引基本法および同法の施行令にもとづいて設置された電子取引紛争調整委員会の調整に従う場合がございます。

第20条[管轄裁判所および準拠法]

  1. 1. エアソウルとユーザーは、サービスの利用に関連して発生した紛争が相互円満に解決されるように必要なすべての努力をしなければなりません。
  2. 2. 前項の努力にも関わらず、訴訟などが提起された場合は、ソウル中央地方裁判所を専属管轄裁判所にし、同訴訟には韓国の法を適用します。

附則

第1条[規約の効力]

本規約は、2016年8月8日から施行します。